iPad Camera Connection Kit の使い方

今まで使っていたiPadを親に渡したのはいいのですが、今後、そのiPadにどうやって娘の写真や動画を追加していこうか、というのを少し悩みました。
ということで、結論としてはSDカードに入れて、iPad Camera Connection Kitを使って追加すればいいかな、ということに落ち着きました(もちろんノートパソコンを毎回持っていって、接続してもいいのですが、それはちょっと面倒です)。
ところが、このiPad Camera Connection Kitですが、使い方がいまいちよくわかりません。添付の説明書や、アップルの公式な説明を見ても、ほとんど解決しません。
ということで、ネットで調べてみたので、以下、簡単にまとめておきます(基本的にSDカードからの読み込み方法です)。
SDカードから写真を取り込む方法
Apple iPad camera connection kit の挙動の続編
↑こちらのブログで説明されていますが、SDカードに、DCIMフォルダを作り、その中に、「8文字の英数字.jpg」といった形のファイル名にしておくと、きちんとiPadが認識してくれるようです。8文字より短い5文字とかだと、まったく認識しなくなります。また。8文字の中に記号がどれほど使えるのかわかりませんが、少なくとも、「ABC_1234.jpg」のような形では認識されました。
SDカードから動画を取り込む方法
TIPS ) Apple iPad Camera Connection Kit で MP4の動画ファイルをiPad2へ取り込みました。
動画については↑こちらのブログですが、さきほどの「DCIM」の下に、「800AAAAA」というフォルダを作成し、その中に「8文字の英数字.MOV」というファイル名で保存することによって、動画として認識してくれるようです。ここで、ポイントはこのブログで書かれていますが、もとのファイルがMP4ファイルであっても、問答無用で拡張子を「.MOV」にしてしまうことで、きちんと認識し、かつ普通に再生することができることです。こんなことまでマニュアルには書いてありません。
iPhoneから直接iPadに接続して取り込んでしまう方法
Camera Connection KitでiPadにiPhoneを繋いで写真を取り込んでみた
こちらのブログで説明されていますが、iPhoneをCamera Connection Kitを使って直接iPadに接続してしまっても、写真、動画をiPadに取り込めるようです。
このiPad Camera Connection Kitを購入した直後に、写真や動画を読み込ませようとしたところ、まったく認識してくれなかった(上に書いたファイル名のネーミングや、拡張子のルールが満たされていませんでした)時は、かなり青ざめましたが、とりあえず当初の目的はすべて果たせることがわかったので、安心しました。
同じような思いをしている方がいらしたら、少しでも参考になればと思います。

yokoken104kaをフォローしましょう

blogram投票ボタン
ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です