古くなったポンプを交換するか、それとも直結にするか

以前から書いていますが、持っている一つの物件では、現在、貯水槽があってポンプで水道水を各戸に供給しています。そのポンプの調子が悪くなってきた(というか、すでに一時故障してトラブル発生済み)ということで、引き続き、ポンプを交換するか(と同時に、貯水槽も交換するか)、または直結式への工事をするか、を検討しています。
受水槽方式と直結方式の比較は、以前書いた以下をご覧ください。

直結方式への変更の見積もりをお願いしたところ、230万円と260万円という数字があがってきました!え?そんなに?という気がしますが、こんな数字です。
で、ポンプ交換ですが、こちらは70万円くらいと、100万円くらいという数字が上がってきています。
ただ、よくよく見積書を眺めて、ポンプの型番を調べてみると、どちらの見積書のものも、うちの物件にはオーバースペックのポンプを使うようなものになっているみたい、ということがわかってきました。
ということで、再度、別のポンプ工事専門業者さんをネットで見つけたので、さらに見積もりを依頼してみました。
まだ、結果は出ていませんが、少し楽しみです。50万円を切ってくれたりすると、かなりうれしいのですが、どうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です