住宅ローン減税拡充 期間15年、最大1000万円

住宅ローン減税拡充 期間15年、最大1000万円
財務・国交省検討、消費増税の負担緩和
2012/9/1付日本経済新聞 朝刊
財務省と国土交通省は住宅ローン減税を拡充する検討に入った。減税期間をいまの10年から15年に延長し、減税額も最大で1千万円規模に増やす。所得税額が計算上の減税額を下回る個人には、差額を住宅エコポイントなどで給付する仕組みも検討する。2014年4月の消費増税による住宅購入者の負担を和らげるのが目的。今年末の税制改正論議で細部を詰め…

日曜日の日経新聞1面に載っていましたが、消費税の増税を受けて、住宅ローン減税がかなり拡充される方向で議論されているようです。
どういう条件で最大1000万円の減税が受けられるのかわかりませんが、これはかなりの金額ですね。しかも、

所得税額が計算上の減税額を下回る個人には、差額を住宅エコポイントなどで給付する仕組みも検討する。

ということなので、納税額が少なかったとしても、きちんとメリットを享受できそうな雰囲気が漂っており、住宅を購入する人にとってはかなりの減税効果がありそうです。
ちなみに、最近の住宅ローン金利は、変動だと1%を切っているので、住宅ローン残高の1%が減税される今の制度でも、いい意味での逆ざやになります。住宅ローンを借りて、金利を払うには払うものの、その金利分より大きい金額の減税を受けられるので、こんな裁定機会はなかなかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です