「住宅ローンの借り換え」と「住宅ローン控除」

住宅ローンの借り換えをするにあたって、住宅ローン減税の恩恵は受け続けられるのか、という疑問が生じます。ぼくが借りた年の場合、普通の住宅だと10年間で最大500万円の税額控除となるので、このメリットはかなり大きいです。
ということで、国税庁のページで調べてみました。

No.1233 住宅ローン等の借換えをしたとき
[平成23年6月30日現在法令等]
 住宅の取得等に当たって借り入れた住宅ローン等を金利の低い住宅ローン等に借り換えることがあります。
 住宅借入金等特別控除の対象となる住宅ローン等は、住宅の新築、取得又は増改築等のために直接必要な借入金又は債務でなければなりません。したがって、住宅ローン等の借換えによる新しい住宅ローン等は、原則として住宅借入金等特別控除の対象とはなりません。
 しかし、次のすべての要件を満たす場合には、住宅借入金等特別控除の対象となる住宅ローン等として取り扱われます。
1 新しい住宅ローン等が当初の住宅ローン等の返済のためのものであることが明らかであること。
2 新しい住宅ローン等が10年以上の償還期間であることなど住宅借入金等特別控除の対象となる要件に当てはまること。
 この取扱いは、例えば、住宅の取得等に係る知人からの借入金を銀行の住宅ローン等に借り換えた場合や、償還期間が10年未満の住宅ローン等を償還期間が10年以上となる住宅ローン等に借り換えた場合であっても同じです。
なお、住宅借入金等特別控除を受けることができる年数は、居住の用に供した年から一定期間であり、住宅ローン等の借換えによって延長されることはありません。
 借換えによる新たな住宅ローン等が住宅借入金等特別控除の対象となる場合には、次の金額が控除の対象となる住宅ローン等の年末残高となります。
1 A≧Bの場合
対象額=C
2 A

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1233.htm
ということで、心置きなく、借り換えを本格的に検討していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です