2回目の胃カメラ!

本日、人間ドックに行ってきました。人生で2回目の胃カメラでした。
2009年に初めて胃カメラを受けたものの、昨年はバリウムに逃げていたのですが、やはり胃カメラの方がよくわかるという話もあり、ずっとバリウムと胃カメラで迷っていました。
そして、先日、胃カメラ(内視鏡)を楽に受けようよ!というサイトを発見し、胃カメラにはいろいろな種類があることを知りました。
以前から、口から入れるタイプと、鼻から入れるタイプがあることは知っていたのですが、鎮痛剤の使い方によってもいろいろあるようで、今回は鎮痛剤を併用してくれる病院を探して行ってみました。
具体的なプロセスは以下のような感じです。
1.口の中にゼリー状の麻酔を含み、しばらくそのままでガマンした後、飲み込む
2.口の中に麻酔のスプレーを吹きかけられる
3.点滴用の針を腕に刺される
4.横になってから、刺された点滴用の針のところから鎮痛剤を注入され、その後、胃カメラ実施へ。
鎮痛剤を注入された後は、意識があったような、なかったようなといった感じで、気づくと胃カメラは終わっていました。
そして、終了後、30分程度リクライニングチェアーみたいなところで休憩し、回復してから、引き続き残りの検査項目へ。
ということで、前回ほどの苦しさはなく、これならまあ耐えられるレベルという気がします。病院によっては鎮痛剤を使う場合は追加料金を取るところもあるようですが、病院によっては標準で含まれているところもあり、様々なようです。
ということで、胃カメラが苦手という方は、鎮痛剤を利用するタイプを試してみるとよいかもしれません。
ちなみに、今回は今まで行っていたのとは別の病院だったわけですが、同じ人間ドックと行っても一部検査項目が異なっていたようで、CTなんかもやりました。なんとなく、あれはドキドキしますね。

yokoken104kaをフォローしましょう

blogram投票ボタン
ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です