フラット35最低金利、半年ぶり上昇=住宅機構

フラット35最低金利、半年ぶり上昇=住宅機構
 住宅金融支援機構は4日、336の金融機関と連携した最長35年の長期固定住宅ローン「フラット35」(買い取り型)の10月の金利を発表した。返済期間21年以上35年以下は年2.16~3.20%(前月2.06~3.20%)、15年以上20年以下は1.95~3.20%(同1.87~3.20%)。10年物国債の金利が前月より高い水準になったのを反映し、最低金利はいずれも6カ月ぶりに上昇した。(2010/10/04-16:21)

http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2010100400546
フラット35の適用金利が上昇してしまいました!イタイ!先月に引き続き、10月も引き続き下がってくれるとありがたかったのですが、どうやらそこまではいかなかったようです。
とは言っても、35年固定金利のローンが2%台前半で借りられるというのはスゴイことです。しかも、フラット35Sだったら、ここからさらに当初10年間は1%引きということで、すごいことになっています。
ちなみに、先日、工務店の方、そして仲介して頂いた不動産屋さんと相談して、最終的な引き渡し日が確定しました。今月末の予定です。
ということで、適用される金利は今回若干上昇したベースのものになるようです。過去最低水準というわけにはいきませんでしたが、結果的にはなかなかいいレートなのではないかと思います。
今から引き渡しまでにやらなければならないことが、わんさかあります。あと一息ですね。

yokoken104kaをフォローしましょう

blogram投票ボタン
ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です