職場環境快適に 「体内時計」整えるオフィス

職場環境快適に 「体内時計」整えるオフィス
竹中工務店が開発 照明など制御
2010/6/22 0:20日本経済新聞 電子版
 竹中工務店は脳が活性化する周期などをコントロールする「体内時計」が狂うのを抑えるオフィスを開発した。独自に開発した照明の明るさや室温を制御。オフィスで働く人の体内時計のリズムを整えて、帰宅後の深い眠…

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C889DE2EBE4E1E0EAE7E2E0E3E2E4E0E2E3E28698E0E2E2E2
先日の日経新聞に掲載されていた記事です(電子版だと購読していないのですべては読めないようです)。照明や温度をコントロールして、より快適な職場環境を開発しようとしているという記事です。
「頭がよくなる照明術」にも書かれていましたが、人間の活動は照明の影響をかなり受けるようです。
こういうちょっとした工夫で、生活を改善しようとする試みはいいですね。賃貸住宅であっても、シーリングライトなどは自分で購入するケースが多いと思いますから、ちょっと工夫して選択するとよさそうですね。
いずれにしても、自宅の照明は勉強部屋などを除くと、基本は黄色みのある電球色中心の方が、青白い昼光色よりも、リラックスできてよいようです。

blogram投票ボタン
ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です