稼げる 超ソーシャルフィルタリング

「稼げる 超ソーシャルフィルタリング」を読んでみました。情報収集、情報処理する場合、今だったら、どのような方法が最も効率的か、といったことが書かれています。ここで「今」と書いたのは、昔と比べて現代とかいった時間スケールではなく、まさに「今」だったらなのです。3年前だったら、そもそもiPhoneがありませんでしたし。
メール、RSS、Twitterといった情報収集・処理手段を、具体的にiPhoneやiPad、モバイルノートといったツールを使っていかにして処理していくか、といったことが書かれています。ぼくはメール、RSS、Twitterのいずれも、iPhoneで使っています(まだ使い始めて8ヶ月くらいです)が、この本を読んで、まだまだ使いつくせてないないなぁ、と思いました。
ちなみに、ちょっと影響を受けて、RSSリーダーをGoogle readerからLivedoor readerにまた戻してみてもいいかなぁ、と思い始めました。もともとLivedoor readerを使っていたのですが、iPhoneを使い始めてからBylineとの相性を考えてGoogle readerに切り替えたのですが、やはりLivedoor readerの方が使い勝手がよい気がするのです。ということで、現在考えているのでは、いつでも検索ができるようにGoogle readerでもRSSの登録はしておくものの、普段の購読はLivedoor readerでやろうかなぁ、なんて思い始めました。ちなみに、Livedoor readerに対応したiPhoneのアプリ、AeroReaderは無料です(このAeroReaderの使い勝手が以前ダウンロードした時と比べてかなり向上しているようです)。
それから、本で紹介されていたTweetFeed(ブログの更新を自動的にツイートするサービス)も早速使い始めました。これは便利ですね。今までマニュアルでやっていたので、これは助かります。

稼げる 超ソーシャルフィルタリング
稼げる 超ソーシャルフィルタリング
青志社 2010-04-21
売り上げランキング : 66

おすすめ平均 star
starもしあなたが以下に当てはまれば読んでもいいかも
starまたせこいことしやがって
star間違いのない一冊

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blogram投票ボタン
ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です