ショールームめぐり - ミカドとタカラスタンダード

間取りが決まりつつあることもあり、今度は水まわりについて検討すべく、ショールームに行ってきました。ここでいう水まわりとは、キッチン、お風呂、洗面所です。
まず麹町にあるミカドのショールーム。午前中に電話をしてみると、12:00からの時間帯であれば予約を受け付けられる、とのこと。当日でも予約を取れたので、ラッキーでした。
で、実際に行って、話を聞いてみると、オプションであれをつけたり、これをつけたり、なんて考え始めると、あり得ないくらいいとも簡単に金額が跳ね上がっていきそうな予感。実際に見積が出てくるのは1週間後くらいのようですが、その場で定価ベース(実際にはもっと割引があるはず)の数字を聞いていると、どんどんブルーになりました。
当初、ミカドにしようと考えていたのでミカドだけ見ればいいかな、と思っていたのですが、あまりに高くなりそうだったので、他のメーカーも比較してみないと、と思い、そのままタカラスタンダードのショールームへ。
こちらも当日にもかかわらず電話してみると、案内して頂けるとのこと。麹町から立川(正確には立川から多摩モノレールで少し行った泉体育館駅というところ)へ移動。
こちらで話を聞いてみると、全体的にリーズナブルな印象(最終的な価格はあくまで正式な見積書でしかもらえないのでイメージだけですが、ミカドよりはずっと価格を抑えている感じでした)。
これならミストサウナを追加するのもありか?なんて、思いながら見積をお願いして帰宅。これだけでほとんど一日仕事でした。
一戸建てを建てるというのは、金銭感覚的には結婚式に近いのかな、と思います。ベースとなるセットがあって、それだとちょっとね、といった感じでいろいろなオプションが用意されていて、その金額がけっこうなお値段。一生に一度のことだし、ということであんまりケチるわけにもいかないし、かといってあらゆる希望をかなえようとすると、ものすごい勢いで予算がふくれあがってしまいます。
結婚式の場合は、階段に豪華なお花があろうとなかろうと、たいして出席者の記憶には残らないと思いますが、家の場合はその後何十年と使い続けるものだけに、判断が難しいですね。全体の金額が大きすぎるので、5万円、10万円といったオプションがなんとなく安く思えてしまうのは、結婚式の費用となんとなく似ていると思います。
ああ、むずかしい、、、

blogram投票ボタン
ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です