管理会社を変更しました!その1

しばらく不動産投資関連の記事を書いていませんでしたが、この間、入退去の方は大して大きな変化はなく、現在完全満室の状態となっています。そして、最近の大きな出来事と言えば、管理会社の変更です。
これまで10年以上にわたってお世話になっていたのですが、賃貸管理会社を変更させて頂くことにしました。昨年の9月に変更依頼をし、3か月前通知という形だったので、昨年12月末に正式に管理会社が切り替わりました。
管理会社を変更してみて、いろいろ気づくこともあったので、何回かにわたって書いてみたいと思います。
まずはわかりやすい数字の話からです。以下、変更前と後での一部屋当たりの数字の変化です。
mgmtfeechange.png
まず変更前後で各部屋からの賃料に変更はありません(当たり前です)。ただ、収入面の変化として更新料というものがあります。以前の管理会社(ここではP社とします)では更新料はすべて管理会社の収入となっていましたが、新しい管理会社(ここではN社とします)では更新料1か月の半分をオーナーにも頂けるので、2年に1回1か月分、つまり1か月の50%を24ヵ月にわたってもらえることになるので毎月2.083%分収入がアップすることになります。おお!
そして、PM管理料のところですが、P社では基本的に管理料は7%でした(一部5%の契約も混ざっていたので、表の数字は単純に7%とはなっていません)。これがN社では一律一部屋当たり3000円+消費税となったので、一部屋1か月あたり1700円程度安くなりました。
あとは振込手数料が少しだけ安くなったりというのもありますが、これら収入のアップと、管理手数料のダウンという2つ面から、一部屋1か月あたり3,230円ほどの手取り収入のアップにつなげることができました!
これはなかなか大きいです!
一部屋だったとしても年間38760円、10部屋だったら年間387600円!さらに10年間続いたら400万円くらいの収入の差が生まれてきます!(税金は考慮していません)
ということで、数字的には大幅な改善となりました。もちろん、サービス内容が完全に同じではないので、単純比較はできませんが、そのあたりについては次の時に書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です