2011年の入居率は90.3%でした

2011年の不動産投資(賃貸経営)の振り返りをしておきたいと思います。
かなり遅くなってしまいましたが、2011年の入居率を確認したところ90.3%でした。昨年の93.8%と比べてかなり悪くなっていますが、昨年は資産サイドよりも、負債サイドがどちらかと言えば重要テーマだったので、まずまずかな、というところでしょうか。
ということで、その負債サイドですが、最も借入金利が高かった銀行のローンを以下のエントリーにあるとおり借り換えました。これは入居率数パーセントとは比較にならないほど、全体の収益に与える影響は大きいです。
借り換え交渉成功!4%台から1%台に!
やはりバランスシートの左側と、右側の両方を常にカイゼンしていくことが、右下のリターンを最大化するポイントだと思います(何を今さらという話ではありますが)。
そして、小さめのトピックではありますが、プロパンガス会社を変更しました。
プロパンガス会社変更完了
今回交換するまでは、物件に設置されているプロパンガス会社がどんなところなのか、正直確認したことがなかったのですが、今回は新たに契約するということで、直接担当の方にお会いして話をしたので、ガスまわりで相談できるパートナーが増えた感じです。メリット的には、給湯器のメンテナンスフリー(交換・維持費用無料)、プロパンガスの設置からの収入発生が主なものです。さらに、これは2012年に入ってからですが、追い炊き機能の追加工事も、かなり良心的な価格で行って頂き、とても助かっています。空室が出たら、順次、追い炊き機能は追加していこうと思っています。
他にイベント的なこととしては、台風でオーニングが破損してしまったため保険金がおりたこと、電柱の使用料が入るようになったこと地デジ対応でちょっとだけ面倒になったことワンルームマンションを2つほど購入したこと、あたりでしょうか。
こうして振り返ってみると、けっこういろいろなことがありましたね。
少しずついろいろな経験を積みながら、成長していければいいなぁ、と思います。
そんな1年でした。
(すでに2月も終わりですが)今年もがんばっていきたいと思います。

yokoken104kaをフォローしましょう

blogram投票ボタン
ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です