管理費・修繕積立金が月々7640円も低下?

以前、区分所有物件の管理組合で管理費削減案が出ているという話を書きましたが、管理会社側から具体的な案が出てきました。
それによると管理会社にマンション全体で今まで21万円程度支払っていた月額管理費が、13万円程度に低下するようです。一部委託内容の削減もあるので、単純な料金改定というわけではありませんが、これは大きな変化です。
一方、今まで管理会社に委託していた内容を補うための新たな出費も一部あるようなので、単純に上記の額が減るわけではないようです。
ただ、修繕積立金の積立額の見直しも同時に行っていて、結局、ぼくの場合は毎月7640円ほど負担が減るということになりそうです(もちろん現在の議案が可決されればという前提ですが)。
具体的には、

今まで
管理費:10800円
修繕積立金:7280円

だったのが、

これからは
管理費:7300円
修繕積立金:3140円

となりそうです。
修繕積立金の減額は若干気になるところですが、マンション全体で約1300万円程度貯まっているようなので、当面はそれほど困ることはないと思われます。
ぼくが所有している部屋は賃料が70000円ですので、この改定による利回り改善はかなりのものです。
今までネットで月額(家賃 – 管理費 – 修繕積立金) 
70000円 – 10800円 – 7280円 = 51920円 
の収入だったものが
70000円 – 7300円 – 3140円 = 59650円
となるので、15%程度のアップになります。
これはかなりツイてます。
区分所有であっても、管理組合がきちんと機能すれば(一部であっても、積極的な見直しをしようという方がいれば)、コスト意識を持って最適な管理を実現できるよう、日々カイゼンしていくことが可能なんだと思います(現実的にはやさしい話ではないと思いますが)。
逆に言えば、区分所有で管理費が高い物件であっても、自分で管理費削減案を積極的に提案できるのであれば、購入後提案することで、利回り改善がかなりの確度で期待できるのではないかと思います。

blogram投票ボタン
ぜひ、あなたの一票をお願いします!(blogram 参加中です!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です