中古マンションのリノベーション戦略―不動産再生の知的集団インテリックスの挑戦

中古マンションのリノベーション戦略―不動産再生の知的集団インテリックスの挑戦
鶴蒔 靖夫
4872182472
先日、ブランド立地マンション現地見学ツアーに参加してきたことは書きましたが、その時に知った、中古マンションのリノベーションを専門しているインテリックスという会社について書かれている本です。
様々なところで、日本の住宅もスクラップ・アンド・ビルド型から、ストックとしての住宅の蓄積が言われているようですが、現在のリフォームブームは一時的なものではなく、長期的なトレンドとして、中古住宅が見直されていくのかもしれません。
先日、実際にインテリックスによってリノベーションされた、リノヴェックスマンションを見てきましたが、リノベーションされた後の物件は本当に新築そのものでした。もちろん外観だったり、共用部分に古さは出てしまいますが、実際に生活する時間帯が長いのは専有部分ですから、そこが快適であり、価格も新築と比べてかなり安いのであれば、生活していくにあたっては十分なのではないかと思います。
ただ、中古マンションの場合、やはり気になるのが建て替え問題。築30年、40年と経過した時点で、管理組合で話し合いが行われ、方向性が決まっていくと思うのですが、その時にどのような意思決定がなされるのか。自分の専有部分は快適だから建て替えの必要はないし、、、なんて思っていても、全体として建て替えましょう、なんて話になってしまったら、、、
こんなことを考えていると、なかなか買うという選択肢には踏み切れません。そのあたりをあまり考えなくてよいという意味では、自分が生きている間はとりあえず住めればいいかな、もしくはそこそこ(30年とか?)使ったら売ってしまえばいいかな、なんて選択肢が十分可能な新築マンションを購入という選択肢も出てくるかもしれません。でも、やはり一般的には、割高な気がしてなりません。
結局は、賃貸が気楽でよい気がします、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です