ある投資家の考え - ベッドの価格

最近、健康について以前よりも気にするようになりました。やはり健康でなければやりたくても、やれることが制限されてしまうので、健康を維持するためには普段から健康に対する投資をしていかなければならないなぁ、と感じています。
そして、健康を保つ上で非常に重要なことの一つが睡眠ではないでしょうか。睡眠をきっちり取ってその日の疲れを取らないと次の日の仕事にも影響が出るでしょうし、睡眠不足の生活が続けばある日突然その影響が顕在化する、なんてことにもなりかねません。
社会人になりたての頃は、短時間睡眠でがんばろう、なんてことを思いながら、会社で眠い目をこすりながら仕事をしていた気もしますが、それでは効率的ではないよなぁ、と今は考えています。最終的なアウトプットはかけた時間と単位時間当たりのアウトプットになると思いますが、100%の力を出し切れる状態で仕事をした場合と、60%程度しか出せない状態で仕事をした場合では、必要な時間がまるで変わってきます。
ということで、最近はできるだけきっちりと眠るようにしています。
前置きがずいぶん長くなりましたが、先日ベッドを買いました。イギリスから帰ってきてしばらくは、一時しのぎと思って購入した布団をフローリングに敷いて寝ていたのですが、朝起きても背中が痛い、疲れがまったく取れていない、なんて状態でした(これは少し極端な例だと思いますが)。
そして、ベッドを購入してからは非常に快適になりました。少し高めのベッドを買ったのですが、フローリング直敷きの状態とは比較にならないくらいよいです。
ここで、3万円のベッドと30万円のベッドを考えてみます。お店で聞いたところ、ベッドの寿命はだいたい10年程度だそうです。すると、3万円のベッドの場合、
3万円 / 10年 / 12ヶ月 = 250円/月
となり、1ヶ月あたりに換算すると250円ということになります。一方、30万円のベッドの場合は単純に10倍ですから、2500円/月ということになります。
この値段って、高いでしょうか?安いでしょうか?
確かに最初の支払い時点では30万円と聞くと、かなり高い印象がありますが、1ヶ月あたり2500円と思うと、それほどではない気もします(もちろん、15万円のベッドであれば1250円/月となりますが)。
もう少し分解してみると、
2500円 / 30日 = 約84円/日
となります。1日100円以下ですから、ジュース1本買うのをガマンするのよりも安いくらいです。
健康維持のために、フィットネスクラブに入会したはいいものの、その後結局行かなくなってしまっているにもかかわらず、毎月会費を払い続けている方もいたりするのではないでしょうか。それと比べたら、ベッドは旅行でも行かない限り、毎日確実に使い続けるものです。
快適な睡眠を得るために、月々いくらくらいまでだったら払ってもいいか、そういった観点で考えてみると、30万円のベッドも高くはないのかもしれません。
ちなみに、ぼくが買ったベッドは30万円ほどはしませんでしたが、ぼくとしてはがんばって買いました。
それから、上ではベッドと書きましたが、もちろん「ふとん」であっても同じことです。これは単純に好みの問題ですから。
さらに、書くまでもないことかもしれませんが、ベッドの場合、重要なのはマットレスであって、ベッドフレーム(台)の方ではありません。カタログなんかを見ていると、たまにマットレス部分が3万円、ベッドフレーム部分が12万円、なんてのが掲載されていたりしますが、フレームの方にお金をかけてもまったく意味がないと思います。ぼくはフレームは買わずに、すのこでも買って、その上にマットレスを置けばいいのではないか、と提案しましたが、その案は残念ながら通りませんでした。結局、ベッドフレームは引き出し付のものを買ったので、収納が増えて助かってはいますが。

3 件のコメント

  1. 投資一族の長 返信

    お前ならこの調子で100万円の羽毛布団売れるよ。

  2. yokoken 返信

    > 投資一族の長さん
    読み直してみると、セールストークっぽくなってますね、、、そういうつもりはなかったんですが。
    > まっきぃさん
    やはりすのこはダメですか?寝てしまえば一緒だと思うのですが。

yokoken にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です