マリオネットを観に行ってきました

チェコでマリオネットを購入して以来、少しずつ練習していますがなかなか上達しません。そこへ、マリオネットをライブラリーシアターでやるらしい、という情報を奥さんが入手してきてくれました。ということで、プロの手さばきを見学するために(?)、マリオネットを観てきました。

ライブラリーです。シアターは地下にあります。

満員御礼でした。
残念ながら本番中の写真は撮れませんでしたが、以下ライブラリーシアターのウェブより引用です。

10 Days On Earth
the smallest actors in the world will pull your heartstrings
Darrel’s mother’s cautiously steps across the stage, pausing briefly at the threshold of her bedroom door to reflect on her life, before she steps inside and closes the door to be alone; to die.
Darrel is a middle-aged man with a learning disability. When his mother does not re-emerge from her room he continues his daily routines as best he can and talks to her through the bedroom door. Soon, episodes from the past play out like faded colour snapshots from a family album, illustrating a mother’s love for her son in all its compelling honesty and fierce, unwavering will.
10 Days On Earth is sad but funny, poignant but never mawkish, affectionate but unapologetic. It’s rich with complex emotion, yet simple enough to tug at your heart.
Ronnie Burkett is the world’s leading exponent of marionette puppet theatre, using elaborately crafted puppets to tell intricate stories. This is the fifth production he’s brought to queerupnorth, continuing a special relationship between the festival and one of the world’s greatest artists.
The original production of 10 Days on Earth was co-commisioned by queerupnorth, Barbican BITE:07, Canstage and WienerFestwochen.
“We need a show such as Burkett\’s to remind us that in the hands of a master puppeteer, old-fashioned string marionettes can make you laugh, weep – and even think” The Guardian
“Ronnie Burkett is one of the world’s geniuses” Village Voice, New York
“[10 Days On Earth] is an immensely moving production, achingly sad, real and suffused with melancholy. Ronnie Burkett – what an actor, what a writer. And what a world he creates.” Edmonton Sun
“This was my first encounter with Burkett and it will stay with me for the rest of my life.” Sydney Stage

http://www.librarytheatre.com/whatson_details.php?cat_id=&eventid=146
マリオネットをシアターで見たのは初めてでしたが、ものすごかったです。まさにプロという感じ。何人かでやるのかと思ってましたが、すべてRonnie Burkettという人が一人でやってました。この人、この世界ではかなり有名な人のようです。
1度に登場するのは3体くらいまでですが、合計20体近くのマリオネットを操っていました。よくドラムをやる人は両手両足を自由自在に動かせると言いますが、マリオネットをやっている人は両手の各指を自由自在に動かしている感じでした。体全体を親指、人差し指、中指あたりで動かしつつ、小指を使って手を動かします。これを両手でバラバラにやるのは、想像しただけで指がつりそうなくらいです。
さらにすごいのは、微妙に声を変えながら、すべてのセリフを一人でしゃべってました。これだけのことを2時間休みなしのぶっ通しでやるのはものすごいことだと思います。
ストーリーの方は、(英語の理解力のため)いまいち理解できませんでした。まあプロの動きを見ることができたのでよしとしましょう。
ちなみに、料金は15.5ポンド(学割で11ポンド)でした。
徒歩圏にこのようなシアターがあるのはかなり恵まれた環境かもしれません。

2 件のコメント

  1. yu 返信

    マリオネット自体を殆ど見たことないので、見てみたい気持ちになりました。
    あれはマリオネットかな・・・、今度「ストリングス」と言う映画が日本で公開されます。(海外でもあるのでしょうか)主人公はスマップのクサナギ君がします。(

  2. yokoken 返信

    こちらで公開しているのかどうか知りませんが、それはマリオネットの映画みたいですね。
    今後、日本でマリオネットが流行るかもしれませんね?ひょっとしたら。

yu にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です