明日テストがあります

ということで、勉強してます。指定された本の一部(30ページほど)について、30分くらいの簡単な exam をするから勉強しておいて、と言われたので勉強しています。
テーマは Leadership についてで、どうやらリーダーシップを分析するアカデミックな理論についての章のようです。しかし、ぼくにとっては同じようなことがだらだらと書いてあるようにしか見えず、ちっとも頭に入りません。
ちなみに、プレゼンの準備はだいたい終わりました。

2 件のコメント

  1. YU 返信

    「リーダーシップ」・・・・少し興味があ内容です。さわりだけでも教えて下さい。

  2. yokoken 返信

    リーダーシップとはどのようなものか、どうあるべきか、などを研究する理論はいくつかあるようですが、以下の本(現在読んでます)によると大きくは3つにわけることができるようです。
    1. trait theories
    2. style theories
    3. contingency theories
    詳細は省きますが、これらは状況というものを考慮に入れず、絶対的に「リーダーとはこのような特性を持っているべきだ」というタイプの理論から、「このような状況においては、このようなリーダーが最も威力を発揮する」といったタイプの理論まで、いろいろあるようです。
    実際には、best fit approach と呼ばれる contingency theories を拡張したものが比較的よいようなのですが、様々な状況によって最適なリーダー像とは変化するものであり、一般化するのは難しいですね、というお話のようです。
    まだぼくもきちんと理解しているわけではありませんので、このくらいのご説明しかできません。すみません。
    Understanding Organizations (Penguin Business Library)
    Charles Handy

yokoken にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です